Indies@RAG
インディーズをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

yonige(ヨニゲ)の人気曲。おすすめの名曲

大阪府寝屋川市出身のロックバンドyonigeの楽曲をご紹介します。

ガールズバンドでありながらも勢いのある演奏やパフォーマンス、力強い歌声が魅力的で聴く者の心を掴んでいます。

恋愛にまつわる歌詞が多く、若者の共感を得ていることも人気の秘訣でしょう。

yonige(ヨニゲ)の人気曲。おすすめの名曲

さよならプリズナーyonige

全編、彼女たちの地元である大阪・寝屋川市で撮影された「Neyagawa City Pop」に収録されているこの曲。

とてもキャッチーで思わず口ずさんでしまうかわいい曲です。

yonigeの等身大な歌詞に同世代女子は思わず共感してしまうのでは。

our time cityyonige

さわやかな雰囲気の曲調でとても気分が上がる曲。

今に少し不安があっても、前向きな歌詞に勇気づけられます。

ポップなメロディーに牛丸さんの歌声がはまって、なんともいえないよさが出ています。

個人的には夏の夜に聴きたい曲!

笑おうyonige

思わず笑顔になってしまう一曲です。

yonigeのベースコーラスのごっきんさんは、この歌は打ち上げで使うとめちゃくちゃ盛り上がる!

とライブのMCで話していたので、ぜひ使って見たいですね!

センチメンタルシスターyonige

「かたつむりになりたい」に収録されている楽曲です。

「ねぇシスターきいてよ」と不思議な雰囲気のあるMVと歌詞は、ポップな印象とは反対に少しダークな印象です。

絶妙なバランスがくせになるような1曲です。

ワンルームyonige

まずMVがレトロでかなり可愛いです。

楽曲は歌詞の最初で「開けっ放しの便器がやけにリアルで恥ずかしくなった」というなんともyonigeらしい表現。

こんな飾らないありのままのところがyonige最大の魅力だと思います。

バイ・マイ・サイyonige

yonigeの歌詞は赤裸々であり、綺麗事だけじゃないところが魅力だと思います。

「ねえ知ってた?

正直者はただのおバカなのよ。

絶望はね、大人になるための約束ごとで」の歌詞はyonigeが歌うからこその説得力が感じられます。

さよならアイデンティティーyonige

ボーカルの牛丸さんのかっこいい歌声とシンプルな曲の構成、そこにのってくる少し重たい素直な歌詞が共感を呼んでいます。

歌われている後悔の気持ちが心にしみる楽曲です。

モノクロのMVも切なくてかっこいいです。

あのこのゆくえyonige

「かたつむりになりたい」というアルバムに収録されている楽曲です。

「かたつむりになりたい」という歌詞がとても印象的です。

ポップな曲調が親しみやすく1度聴いたら口ずさみたくなるような楽曲で、yonigeの代表曲の1つとなっています。

MVもおしゃれでかわいいです。

恋と退屈yonige

「Coming Spring」に収録されている楽曲です。

若いからこその真っすぐな恋心、日々の満たされない気持ちが歌われています。

楽曲全体の雰囲気としてどこか懐かしく、青春を感じさせられる1曲です。

沙希yonige

「沙希ってだれ?」と思われた方も多いのではないでしょうか。

これは作家、又吉直樹さんの「劇場」という小説の登場人物をそのまま牛丸さんが楽曲にしたものです。

「沙希ちゃんほんま最高!」とラジオ、スクールオブロックでも語っていました。

おすすめの記事あわせて読みたい