Indies@RAG
インディーズをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

おすすめインディーズバンド。次世代を担う人気の邦ロックバンド

世の中にインディーズバンドは数多く存在し、すてきな音楽を届けようと日々活動されています。

今回はそんなインディーズバンドの中から注目しておきたいバンドを紹介します。

中にはメジャーデビューしているバンドもありますが、これから一気にブレイクしそうなバンドをまとめましたのでお楽しみ下さい。

おすすめインディーズバンド。次世代を担う人気の邦ロックバンド

リッケンバッカーリーガルリリー

とっても可愛いガールズバンド。

最近目にする機会も多くなってきたのではないでしょうか。

つぶやくような歌い方とそこに引き込まれてしまう世界観。

独創的な歌詞も魅力的です。

女性ボーカルは多くてもガールズバンドの数は多くありません。

その中でも存在感のあるバンドだと思います。

怒りをくれよGLIM SPANKY

ブルース、ロックを基調としたバンド、GLIM SPANKY。

2014年にメジャーデビューを果たしましたが、2016年に劇場版ONE PIECEの主題歌となったり、映画「少女」の主題歌になるなど、話題となりました。

ボーカルの松尾レミのハスキーな歌声が大変魅力的です。

ソルジャーガールズRick Rack

十代白書や閃光ライオットでも好成績を残した3ピースガールズロックバンド、Rick Rack。

いわゆるガールズバンドと聴いてイメージするようなバンドとは一味違い、高い演奏力と力強いボーカルが魅力的なバンドです。

キルミーSUNNY CAR WASH

RADWIMPSを初めて聴いた時のような感触だったバンド。

My hair is badが好きな方もきっとハマるのではないでしょうか。

あとこの楽曲のMVの文字の表記が癖が強くておもしろいです。

SuddenlyPredawn

清水美和子によるソロプロジェクト。

自主制作盤を発表すると、繊細なサウンドメイキングとやわらかな歌声が反響を呼びました。

Eccy、andymori、QUATTROらの作品に参加したり、「FUJI ROCK FESTIVAL ’09」「ap bank fes ’09」に出演するなど多角的に活動を行っています。

Without You夜の本気ダンス

2008年京都にて結成された4人組ロックバンド、夜の本気ダンス。

2016年にメジャーデビューしましたが、2017年のさらなる飛躍を予想して選びました。

バンド名にもあるように彼らの楽曲はキャッチーで踊れる楽曲ばかりです。

TONIGHTI Don’t Like Mondays.

2012年、東京表参道で結成した4人組ロックバンド、通称アイドラ。

洋楽ポップなサウンドで親しみやすく、ゆるくノレちゃうような楽曲が魅力的です。

またメンバーの4人中、3人が身長180cm以上のモデルのようなルックスを誇り、20代の女子を中心に人気上昇中です。

青春の胸騒ぎAwesome City Club

2013年春、それぞれ別のバンドで活動していたatagi、モリシー、マツザカタクミ、ユキエにより結成。

ART-SCHOOLのツアーに参加するなど早くから注目され、確かな演奏技術と高い歌唱力で人気を集めています。

ライブパフォーマンスにも注目。

さよならジレンマvivid undress

何と言っても演奏がすごくうまいのです。

ボーカルの特徴的な綺麗な声もとっても映えます。

女性ボーカルバンドが増えてきている中で存在感が目立ちます。

youthSaid

この曲はイントロが長いです。

王道のギターロックを鳴らしているなといった印象。

とてもストレートで綺麗なロックなので聴きやすいと思います。

現代の流行りの傾向をしっかり抑えているバンドだなと思います。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます