Indies@RAG
インディーズをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

おすすめインディーズバンド。次世代を担う人気の邦ロックバンド

世の中にインディーズバンドは数多く存在し、すてきな音楽を届けようと日々活動されています。

今回はそんなインディーズバンドの中から注目しておきたいバンドを紹介します。

中にはメジャーデビューしているバンドもありますが、これから一気にブレイクしそうなバンドをまとめましたのでお楽しみ下さい。

おすすめインディーズバンド。次世代を担う人気の邦ロックバンド

くだらないclimbgrow

心の叫び感がすごすごい歌です。

climbgrowはボーカルの声がとても特徴的なバンド。

流行りの高音ボイスでもないし、綺麗なだけのロックでもない。

少し尖った感じの荒々しさが魅力なのだと思います。

Rats, Kids and YouLEODRAT

大阪・堺発4ピースメロディックパンクバンド。

突き刺さる日本語の歌詞と王道メロディックと言えるサウンド。

音源だけでもかなり熱いのですが、ライブでは思わず体が動きます。

拳をあげずにはいられないようなライブはメロコア、パンク好きにはたまらないのと思います。

NEW ERANulbarich

シンガーソングライターのJQをリーダーに結成されたバンド。

ソウル、ファンク、アシッド・ジャズなどのブラックミュージックをベースに、ポップス、ロックなどにもインスパイアされたサウンドが特徴で、日本人離れした歌声と合わさりとっても魅力的です。

メリールーSIX LOUNGE

2012年に結成した大分県出身の3ピースロックバンド。

2015年にTHE NINTH APOLLOに所属し着実にステップアップしているバンドです。

どこか青臭いような青春を感じる真っすぐなサウンドが大変魅力的です。

夜にダンスフレンズ

PVが印象に残ります。

フェスやサーキットで引っ張りだこのバンドです。

インディーズイベントで名前を見ないことはなかなかありません。

それくらい今人気急上昇中のバンドです。

リッケンバッカーリーガルリリー

とっても可愛いガールズバンド。

最近目にする機会も多くなってきたのではないでしょうか。

つぶやくような歌い方とそこに引き込まれてしまう世界観。

独創的な歌詞も魅力的です。

女性ボーカルは多くてもガールズバンドの数は多くありません。

その中でも存在感のあるバンドだと思います。

あまり行かない喫茶店でnever young beach

穏やかで不思議な時間・空間が流れる…そんな楽曲が印象的な5人組バンド。

ボーカル安部のクセになる少しアンニュイな歌声が魅力的です。

西海岸のはっぴぃえんどとも呼ばれ、その独特な世界観に魅了されるファンが続出。

今最も注目を集めるバンドかもしれません。

ナイトステップフレデリック

2009年6月結成。

幅広い音楽要素から生み出されるユニークなサウンドと、アッパーなライブパフォーマンスでファンを増やしている大注目のバンドです。

ツアーチケットも完売の人気っぷり。

独特な世界観にどっぷりはまっちゃいましょう。

怒りをくれよGLIM SPANKY

ブルース、ロックを基調としたバンド、GLIM SPANKY。

2014年にメジャーデビューを果たしましたが、2016年に劇場版ONE PIECEの主題歌となったり、映画「少女」の主題歌になるなど、話題となりました。

ボーカルの松尾レミのハスキーな歌声が大変魅力的です。

夢の続きHakubi

大人になりたくないような、でも子供のままじゃいられないとわかっているような楽曲が特徴的なバンド。

歌唱力が抜群で、ストレートなロックにもかかわらず世界観に引き込まれます。

この楽曲は「うるせぇ真面目にやってるよ」の歌詞がとてもいいなと思います。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます