Indies@RAG
インディーズをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

おすすめインディーズバンド。次世代を担う人気の邦ロックバンド

世の中にインディーズバンドは数多く存在し、すてきな音楽を届けようと日々活動されています。

今回はそんなインディーズバンドの中から注目しておきたいバンドを紹介します。

中にはメジャーデビューしているバンドもありますが、これから一気にブレイクしそうなバンドをまとめましたのでお楽しみ下さい。

おすすめインディーズバンド。次世代を担う人気の邦ロックバンド

WishMosh Baby

京都のメロコアバンドです。

王道ストレートな楽曲ばかり。

このバンドのドラムの正確さがすごいなと思います。

昔からというよりも、最近のメロコアバンドといった印象を受けるバンドです。

彗星の旅人where is my mind?

東京を中心に活動しているスリーピースロックバンド。

その高い演奏技術とライブパフォーマンスが話題を呼び、じわじわと人気を集めているバンドです。

繊細で胸をぐっと掴まれるような歌声はくせになることまちがいなしですよ。

横浜よこよこかろうじて人間

急な展開がまるで邦楽2000年代のサウンドのようで、残響系が好きだった人にはたまらない一曲です。

2回3回と繰り返し聴いてしまう中毒性があり、気づいたら連続再生してしまうほど。

やめられない止まらない、かも。

めんどくさいやつZowieZowieZowie

ボーカルの声が、直接心臓に刺さってきます。

本当にエモい、切ない気持ちにしてくれます。

聴いていると、いろいろ考えさせられ、忘れていたものを思い出させてくれるような曲です。

「この曲の良さの分かる人間でよかった」。

そう思わせてくれる曲かも。

L.M通りの亡霊comolebi

明るい部分や、暗い部分といろいろな表情が詰め込まれている曲です。

聴き終わった後になんとも言えない満足感があります。

曲の中に吸い込まれて聴き入ってしまうので、何か作業をしながら聴けません。

それほど、魅力的な作品です。

HANGOVERENTH

「ここどこや ここどこや 今何時?

ところであんた誰?」の歌詞がやばいです。

ENTHの楽曲はかっこいいものばかりなのに、こういう遊び心を感じるところがおもしろいです。

MVのネタに走る感じもいいです!

EmilySlimcat

兵庫県西宮市出身の4人組ロックバンド、Slimcat。

ボーカルの小川は帰国子女だそうで、洋楽に影響された楽曲、英語詩が魅力的です。

ビートルズやオアシスに影響を受けたサウンドで、なおかつ明るいポップパンク調の楽曲という独自のセンスが光るバンドです。

lightmol-74

透き通るような声が不思議な世界観を作り出します。

日本語ロックのわかりやすさと、ボーカルの声が融合して聴き込んでしまうようなバンドです。

笑って笑ってニアフレンズ

尖った印象を受けるバンド。

嘘は発したくないという彼らの音楽はストレートなものが多いです。

綺麗なだけじゃなく泥臭さも感じながらも、キャッチーなメロディーが聴く人の心に入り込んで来やすいのでしょう。

夜にダンスフレンズ

PVが印象に残ります。

フェスやサーキットで引っ張りだこのバンドです。

インディーズイベントで名前を見ないことはなかなかありません。

それくらい今人気急上昇中のバンドです。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます