Indies@RAG
インディーズをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

おすすめインディーズバンド。次世代を担う人気の邦ロックバンド

世の中にインディーズバンドは数多く存在し、すてきな音楽を届けようと日々活動されています。

今回はそんなインディーズバンドの中から注目しておきたいバンドを紹介します。

中にはメジャーデビューしているバンドもありますが、これから一気にブレイクしそうなバンドをまとめましたのでお楽しみ下さい。

おすすめインディーズバンド。次世代を担う人気の邦ロックバンド

TrollyDokkoise House

ちょっとレトロなj-popサウンドが懐かしい気分にさせてくれます。

朝聴けば、いい気分で一日を過ごせることまちがいなし。

90年代渋谷系音楽が好きだった人はきっとハマるはず。

ちょっとノスタルジーな気分にもしてくれます。

透明言葉QB and planets

QBの曲はどれも似ていないというのがすごいところ。

楽器隊のうまさとボーカルのうまさが融合してかなり精度の高い音楽を発信しているという印象です。

綺麗な中にもしっかりと想いが伝わってくる楽曲ばかりとなっています。

スカートT/ssue

T/ssueの名前は対バンでも目立つので、一度見たら覚えていました。

最近流行りの高音ボイスが魅力的。

女の子からの人気が増えそうなバンドです。

インディーズバンドを話す上では知っておいたほうがいいバンドだと言えるでしょう。

Wonderlandaustines

聴いた人を優しい気持ちにしてくれます。

絵本を読み聴かせてくれるような歌声が心地よく、ほんの世界に入ってしまったかのような気分にさせてくれます。

イントロの入り方から、バンドの世界観がにじみ出ており、聴くだけで笑顔になってしまいます。

風薬イロムク

女性的な歌詞で、共感できる方はたくさんいるはず。

演奏もキャッチーな部分が多く、10代の方にオススメしたい一曲です。

比較的ポップな感じで、明るいけどなぜか切なくなってくるのは、イロムクならでは技でしょう。

ソレイユFloat down the Liffey

シューゲ的なサウンドとオルタナ的なサウンドが綺麗に融合しています。

ボーカルはJ-pop的な聴きやすさがあり、サビのフレーズがわかりやすく純粋にかっこいいです。

バンドの複雑なカラーを一曲で表現しています。

三枚目としてP.G Good Taste

ラップ的なボーカルラインと泣きのギターが男らしいです。

しかしその半面、サビがポップなのでそのギャップが言葉にならないほどグッとくるはず。

まじめなのか、不まじめなのかわからないバンドセンスは唯一無二な雰囲気があります。

「おもしろかっこいい」。

そんな表現がピッタリです。

calm downGORAKU the function

ドラムボーカル、3ピースダンスロックバンドGORAKU the function。

どうしょうもなく乗りたくなってきます。

キャッチーなサウンドだけで構成され、サビのフレーズは一度聴けば忘れません。

王道的なダンスロックサウンドです。

1STEPDRYFOOL

京都発4ピースメロディックパンクバンド。

正直、歌唱力がめちゃめちゃあるわけでもないんです。

楽曲がめちゃくちゃ特徴的なわけでもない。

でも応援したくなるようなバンドがDRYFOOL。

1STEPの楽曲は一度聴けば耳につくと思います。

Just be Now!TON80

3ピースメロディックポップパンクバンド。

さまざまな要素の音が混ざっているなといった印象を受けます。

知っておいて損はないバンドの一つではないでしょうか。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます