Indies@RAG
インディーズをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

おすすめインディーズバンド。次世代を担う人気の邦ロックバンド

世の中にインディーズバンドは数多く存在し、すてきな音楽を届けようと日々活動されています。

今回はそんなインディーズバンドの中から注目しておきたいバンドを紹介します。

中にはメジャーデビューしているバンドもありますが、これから一気にブレイクしそうなバンドをまとめましたのでお楽しみ下さい。

もくじ

おすすめインディーズバンド。次世代を担う人気の邦ロックバンド

ホワイトアウトreGretGirl

この曲は初めて聴いた時ゾッとしました。

別に女々しい歌詞でも無く、よくある別れ話を歌詞になっているのですが、それがリアルに想像できてしまうのがたまらないです。

テレキャスター・ストライプポルカドットスティングレイ

「ハイカラギターロックバンド」というキャッチフレーズのポルカドットスティングレイ。

2015年に活動を始めたバンドですが、早くも話題となっているバンドです。

キャッチーな楽曲とエッジの効いたギターサウンドで多くのファンを魅了しています。

wakeSaucy Dog

YAJICO GIRLとともに2016年MASH FIGHTのグランプリを獲得したSaucy Dog。

温かい雰囲気がただよう歌声がとても魅力的です。

それとは裏腹にエモくてかっこいい演奏がマッチしておりハマってしまう方も多いのではないでしょうか?

拝啓、いつかの君へ感覚ピエロ

2016年、ドラマ「ゆとりですがなにか」にこの曲が抜擢(ばってき)され大変話題となったロックバンド、感覚ピエロ。

マネジメントやレコーディングやマスタリングも含めた楽曲制作やアートワークなども自身で行っているDIYな活動をしています。

積極的なギターアレンジとハイトーンでありながらも力強いボーカルが魅力的です。

星丘公園Hump Back

ストレートなロック。

humpbackはボーカルの林さんの声が本当に可愛くて特徴的。

次世代のチャットモンチーといった印象です。

楽曲も尖りすぎてないけど、丸すぎてもないような女の子ならではのセンスがとてもかっこいいです。

サネカズラHOWL BE QUIET

神奈川出身の4人組バンド。

彼らから発信される音楽は、痛みを知っているからこそ、人間を知っているからこその楽曲ばかり。

時に切なく、時に温かい音楽が印象的です。

全楽曲、作詞作曲をボーカルの竹縄がつとめており、そのライブパフォーマンスは圧巻の一言。

布団の中から出たくない打首獄門同好会

誰もが共感するあるあるを歌っています。

だからこそ聴き入ってしまうちょっとお茶目でポップな楽曲たち。

ほっこりするのがいいです。

いつでもゆったりリラックスした状態で聴きたくなる楽曲ばかりです。

Loverssumika

神奈川県出身の4人組バンド。

曲によってピアノソングだったり、ギターロックだったり、雰囲気が結構変わっておもしろい!

と注目を集めている今話題のバンドです。

POPでキャッチーな楽曲は耳から離れなくなることまちがいなし。

名曲ぞろいのバンドです!

ウィークエンドFINLANDS

女性2人組のロックバンド、FINLANDS。

どんなに暑くても決して脱がないというモッズコートが話題となっているバンドです。

ボーカルの塩入冬湖の感情のこもったクセのある歌声がとても魅力的で、ついハマってしまいます。

くだらないclimbgrow

心の叫び感がすごすごい歌です。

climbgrowはボーカルの声がとても特徴的なバンド。

流行りの高音ボイスでもないし、綺麗なだけのロックでもない。

少し尖った感じの荒々しさが魅力なのだと思います。

おすすめの記事あわせて読みたい