Indies@RAG
インディーズをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

dustbox(ダストボックス)の人気曲。おすすめの名曲

メロディックパンク界を牽引する3ピースバンド、dustbox。

彼らの楽曲は疾走感に溢れ、それぞれのパートの演奏力の高さが光っています。

しかし、それらの勢いだけでなく、コードの使い方など、随所に見られるポップセンスも彼らの高い人気の秘訣ではないでしょうか?

dustbox(ダストボックス)の人気曲。おすすめの名曲

Riotdustbox

ベースがとてもかっこいい楽曲です!

そこにのっかるギターもとても疾走感があり、聴いていてとても気持ち良いです。

歌詞もとても前向きで元気を貰える楽曲になっています。

映像も観ていてとても気持ちよく、楽しそうに演奏するメンバーからはとてもエネルギーを感じます。

Jupiterdustbox

心地いい疾走感にギターのフレーズがとてもかっこいい楽曲です。

ライブでもとても盛り上がる曲で、定番曲となっています。

とてもメッセージ性の強い歌詞になっているので、和訳を見てから聴くとまた違った印象です。

歌詞カードには和訳がついています!

Divedustbox

8th Album「Thousand Miracles」収録曲。

dustboxらしいパンクナンバー。

この楽曲は背中を押されるような、前向きになれる歌詞が特徴的。

dustboxの新たな一面と、dustboxの変わらない一面が融合されている楽曲だと思います。

Rise Abovedustbox

軽快なメロディーと重めのギターリフが印象的な1曲。

テンションの上がるスピードナンバーですが一本調子ではなく、ところどころで緩急が入ってくるのが効果的に作用して、聴いている人の耳を飽きさせない変化のある曲に仕上がっています。

Next storydustbox

dustboxの中でも比較的エモーショナルな歌い回し、コードワークが用いられた1曲。

「ネクストストーリーが君を待っている」という単純明快でアツいメッセージ性が込められた歌詞はまさに日本の王道のメロディックコアそのものです。

WAY TO THE SUNdustbox

ミニアルバム「Sign To The Sun」に収録されています。

めずらしくすべて日本語の歌詞で構成されていますので、聴きながらじっくりと歌詞をかみしめられます。

自分が進んでいく道に不安を感じているような、切なさや苦しさを含んだ、胸に響く楽曲です。

Neo Chavez 400dustbox

前半は非常にメタリックな印象の楽曲ですが、その後の展開では爽やかな印象に変化していきます。

メロコアバンドには必ずと言っていい程存在する2分弱と短いこの曲は、疾走感と各々のテクニックが詰め込まれています。

フェスに出演する際には他のアーティストとのコラボが披露されることも多い楽曲です。

1+1=∞dustbox

7thフルアルバム「Care Package」より。

「僕も1人、君も1人、1足す1は無限大だ」そんな単純明快で前向きなメッセージをもつ1曲です。

サウンドはメロディックパンクでありながら、メロディやコードワークはポップス的に作られており、彼らのポップセンスの高さが垣間見えます。

Break Throughdustbox

イントロからなかなかメタリックなリフで始まるこの楽曲。

しかしAメロに入った途端にハイトーンボイスのボーカルが楽曲を彩ります。

また背中を強く押してくれるような、熱すぎる歌詞に大変勇気づけられます。

ライブでも定番の人気曲です。

Try My Luckdustbox

2006年リリースの3ndアルバム、13 Brilliant Leaves より1曲。

2小節にわたるドラムの高速ソロから始まり、高速のツービートに乗せて歌われるのは「人生1度きりだし、賭けてみようぜ」そんな前向きな応援ソングともいえる曲です。

おすすめの記事あわせて読みたい